ハイチ大地震から5年:ハイチ初のタブレットメーカー「Surtab」 | InfoComニューズレター
2015年1月8日掲載 ITトレンド全般 Global Perspective

ハイチ大地震から5年:ハイチ初のタブレットメーカー「Surtab」

2010年1月12日にハイチでM7.0の大地震が起きてから5年が経つ。東日本大震災の17倍以上となる約25万人以上の死者が出て、いまだに多くの国民が路上や仮設住宅で暮らしているとのことだ。被害総額は約77億5,000万ドル以上といわれている。本稿でも毎年ハイチの情報通信事情を伝えてきた。昨年も「Surtab」を伝えたが、その後はどうだろうか。

ハイチ初のタブレットメーカー

ハイチは世界でも最貧国の1つで国民の80%は劣悪な貧困状態に置かれている。経済活動人口の3分の2が農業に従事しているが規模が零細である上に農業インフラの整備の遅れから食糧自給も安定していない。2010年の大震災はそのハイチの経済にさらに追い打ちをかけた。1人あたりGNIは700ドルである(2011年、世界銀行)。

そのハイチで2013年後半から「Surtab」と「Handxcom」の2社がタブレットの製造を開始した。「Surtab」は現地の通信事業者Digicelで働いていたMaarten Boute氏など複数の投資家によって2013年8月に設立され、2013年12月から大量生産を開始した。またPan-American Development Fundから20万ドルの資金提供も受けた。インドの地場タブレットメーカー「Aakash」がインドで低価格タブレットを製造、販売しているのを見てハイチでも出来るのではないかと思ったそうだ(※1)。

Android OS搭載の7インチタブレット「Sur7」を開発し、当初はケニア市場向けに製造していたが、ハイチのDigicel向けに製造を行い、既に試験品として2,000台をDigicelに納品した。工場の従業員で仕事の速い人は1日に15台のタブレットを組み立てる。価格は7,000ハイチグルド(約159ドル)と、1日1ドル以下で生活する国民が大多数のハイチにおいては「スーパーハイエンド端末」だった。ハイチ全土53カ所のDigicelの店舗で販売されている。またジャマイカのDigicel Foundation(財団)が学校教育用に220台を購入している。

ハイチでは、まだ「高嶺の花」のタブレット

2013年8月に5人で設立された「Surtab」では現在60人以上の従業員が働いている。1日の賃金が6.81ドルで、最大で13ドル(1日)まで支給される。ハイチの最低労働賃金が4.54ドルであることから、それよりは高い。また男女の雇用は平等で現在スタッフの90%が女性であり、工場で働いているのは女性ばかりである。

1カ月で10,000台のタブレット製造が可能であるが、今後は30,000台まで拡大し、雇用も800人まで拡大したいとMaarten Boute氏は述べている(※2)。なお2014年3月時点で1か月に7,000台のタブレットを製造している(※3)。

2015年1月現在で「Surtab」は3機種のタブレットを販売している。一番安いWi-Fiのみ対応「surtab7 Wi-fi」が85ドルで、3Gモデル「surtab7 3G」が150ドル、HDスクリーンモデル「surtab7 HD 3G」が285ドルである(※4)。それでもまだハイチの一般市民にとってはハイエンド端末であり「高嶺の花」だ。

2013年8月から「Surtab」のようなタブレットメーカーがハイチにも登場して1年半以上が経過したが、まだまだハイチ全体の雇用確保や情報通信技術の発展に大きく貢献できる程の規模ではない。しかし、これから工場や経済インフラが整備されると、安価な労働力を大量に提供できるハイチは周辺諸国のメーカーがOEM先として注目する可能性はある。そうすれば労働力として雇用の確保にも繋がり、疲弊した農業に依拠しなくても新たな産業として成長するだろう。世界最貧国のハイチが近い将来、タブレット製造の大きな拠点になり、新たな経済発展をしている日がやってくるかもしれない。

【参考動画】
工場で働いているのは、ほとんどが女性であることがわかる。

(写真)Surtabの工場で働いている女性たち1

(写真)Surtabの工場で働いている女性たち2

(出典:Surtab)

*本情報は2015年1月1日時点のものである。
なお、本稿は2014年1月12日『ハイチ大地震から4年:ハイチ初のタブレットメーカー「Surtab」』を元に加筆修正している。

※1 “Haiti's Android tablet maker Surtab to crank up production” (2014年2月27日)
http://www.theguardian.com/global-development/2014/feb/27/haiti-android-tablet-maker-surtab-production-increase

※2 “Ja, Like Haiti, Can Make Tablets”(2014年1月3日)
http://jamaica-gleaner.com/gleaner/20140103/business/business6.html

※3 Surtab http://surtab.com/home/about-us/

※4 “A Small Tablet Company Brings High-Tech Hopes To Haiti” (2014年4月15日)
http://www.npr.org/blogs/alltechconsidered/2014/04/15/302983746/a-small-tablet-company-brings-high-tech-hopes-to-haiti

会員限定レポートの閲覧や、InfoComニューズレターの最新のレポート等を受け取れます。

ICR|株式会社情報通信総合研究所 情報通信総合研究所は情報通信のシンクタンクです。
ページの先頭へ戻る
FOLLOW US
FacebookTwitterRSS