2015年2月3日掲載 ITトレンド全般 Global Perspective

アメリカ:「一般教書演説」にみるサイバーセキュリティ

オバマ米大統領は2015年1月20日、一般教書演説を行った。一般教書演説とはアメリカで大統領が連邦議会両院の議員を対象に行う演説で「国の現状」についての大統領の見解を述べ、主要な政治課題を説明するものである。「国の現状」に対する見解を述べることから英語で「State of the Union Address」と呼ばれている。


その一般教書演説においてインターネットにより経済発展や社会生活への影響は述べられていたものの、危機管理としてのサイバーセキュリティについて言及したのは2012年からである。本稿では一般教書演説におけるサイバーセキュリティの遷移を見ていきたい。



2012年一般教書演説より


2012年1月24日に行われた一般教書演説において「サイバーセキュリティ」に関するのは以下である(※1)。



(2012年一般教書演説より)

「我々(アメリカ)の敵によりも一歩先にいるために、拡大するサイバーの脅威からアメリカの安全を守るための法案を議会にすでに送りました」



(原文:下線筆者)

That’s why, working with our military leaders, I’ve proposed a new defense strategy that ensures we maintain the finest military in the world, while saving nearly half a trillion dollars in our budget.  To stay one step ahead of our adversaries, I’ve already sent this Congress legislation that will secure our country from the growing dangers of cyber-threats.


2013年一般教書演説より


2013年2月12日に行われた一般教書演説において「サイバーセキュリティ」に関するのは以下の箇所である(※2)。



「アメリカは、サイバー攻撃の脅威が急速に拡大していることにも向かい合わなければならない。ハッカーは個人情報を盗み、個人のメールに侵入しています。外国が、外国の企業が私たちの秘密情報を盗み出すということを知っています。現在、敵は私たち(アメリカ)の送電系統、経済制度、航空制御システムを破壊する能力を求めようとしています。」



「このような背景から私はサイバー防衛を強化する行政上の指令に署名しました。情報共有を増やし、国家の安全や仕事やプライバシーを守る基準を発展させるつもりです。議院も同様に行動し、ネットワークを守り、サイバー攻撃を阻止するための大きな能力を政府が持つことによって、法律をとおさなくてはいけません。」



(原文:下線筆者)

America must also face the rapidly growing threat from cyber-attacks. Now, we know hackers steal people’s identities and infiltrate private emails.  We know foreign countries and companies swipe our corporate secrets.  Now our enemies are also seeking the ability to sabotage our power grid, our financial institutions, our air traffic control systems.  We cannot look back years from now and wonder why we did nothing in the face of real threats to our security and our economy.



And that’s why, earlier today, I signed a new executive order that will strengthen our cyber defenses by increasing information sharing, and developing standards to protect our national security, our jobs, and our privacy.

But now Congress must act as well, by passing legislation to give our government a greater capacity to secure our networks and deter attacks.  This is something we should be able to get done on a bipartisan basis.


2014年一般教書演説より


2014年1月28日に行われた一般教書演説において「サイバーセキュリティ」に関するのは以下の箇所である(※3)。



「アメリカでは引き続き防衛を強化し、サイバー攻撃のような新たな脅威と戦います。そしてアメリカの防衛予算を改正するときに我々の制服をきた男女たちとの信義を守り、将来の任務で成功するために必要な能力に投資しなければなりません。」



(原文:下線筆者)

Here at home, we’ll keep strengthening our defenses, and combat new threats like cyberattacks.  And as we reform our defense budget, we have to keep faith with our men and women in uniform, and invest in the capabilities they need to succeed in future missions.


2015年一般教書演説より


2015年1月20日に行われた一般教書演説において「サイバーセキュリティ」に関するのは以下の箇所である(※4)。



「我々は過去にアメリカを消耗させてきた課題の先を見ていく必要があります。どこの国も、どのハッカーも、アメリカのネットワークを遮断したり、アメリカの通商機密を盗んだり、アメリカの家庭、特に子供たちのプライバシーを侵害できるべきではありません。そこでアメリカ政府は情報機関を統合してサイバー攻撃と戦っていきます。まさに我々がテロと戦うように。今夜、私はこの議会に進化するサイバー攻撃の脅威によりよく取り組み、個人情報泥棒と戦い、アメリカの子供たちの情報を保護するために我々に必要な法案を可決することを要請します。これは超党派の取り組みになります。

我々が行わなければ、アメリカの国家と経済を脆弱にします。アメリカが行うことによって、世界中の人々のためにあらゆる機会を提供してきた技術を守り続けられるのです。」



(原文:下線筆者)

We’re looking beyond the issues that have consumed us in the past to shape the coming century.  No foreign nation, no hacker, should be able to shut down our networks, steal our trade secrets, or invade the privacy of American families, especially our kids. So we're making sure our government integrates intelligence to combat cyber threats, just as we have done to combat terrorism.



And tonight, I urge this Congress to finally pass the legislation we need to better meet the evolving threat of cyber attacks, combat identity theft, and protect our children’s information.  That should be a bipartisan effort.

If we don’t act, we’ll leave our nation and our economy vulnerable.  If we do, we can continue to protect the technologies that have unleashed untold opportunities for people around the globe.


危機管理としてのサイバーセキュリティ


現代社会はサイバースペースに依拠しており、国民生活、経済活動、軍事安全保障までがサイバースペースと密接に関わっており、そこの防衛であるサイバーセキュリティは国家の危機管理と直結してくる。一般教書演説として登場してくる重要な政治的課題の1つである。特にアメリカでは2014年後半からソニー・ピクチャーズ・エンターテイメント(SPE)を標的とした北朝鮮からと思われるサイバー攻撃をめぐって大きな話題となった。


ますますサイバースペースの防衛は重要になってくるであろうし、これからもアメリカのみならず全世界での重要な政治的課題になってくるだろう。


【参考動画】

※1 WhiteHouse(2012) 24 Jan 2012, “Remarks by the President in State of the Union Address”
http://www.whitehouse.gov/the-press-office/2012/01/24/remarks-president-state-union-address

※2 WhiteHouse(2013) 12 Feb 2013, “Remarks by the President in State of the Union Address”
http://www.whitehouse.gov/the-press-office/2013/02/12/remarks-president-state-union-address

※3 WhiteHouse(2014) 28 Jan 2014, “Remarks by the President in State of the Union Address”
http://www.whitehouse.gov/the-press-office/2014/01/28/president-barack-obamas-state-union-address

※4  WhiteHouse(2015) 20 Jan 2015, “Remarks by the President in State of the Union Address”
http://www.whitehouse.gov/the-press-office/2015/01/20/remarks-president-state-union-address-january-20-2015

会員限定レポートの閲覧や、InfoComニューズレターの最新のレポート等を受け取れます。

ICR|株式会社情報通信総合研究所 情報通信総合研究所は情報通信のシンクタンクです。
ページの先頭へ戻る
FOLLOW US
FacebookTwitterRSS