2015年5月18日掲載 ITトレンド全般 Global Perspective

「Firefox OS」スマートフォン、アフリカ市場に登場

2015年5月、スマートフォンOS「Firefox OS」を提供しているMozillaは、アフリカのセネガルとマダガスカルの2か国で「Firefox OS」を搭載したスマートフォンを販売することを発表した(※1)。2015年4月に販売が開始された南アフリカ(通信事業者MTNから「ALCATEL ONE TOUCH FIRE E)を販売)に次いで、アフリカでは3か国で「Firefox OS」スマートフォンが流通されることになる。

今回はセネガルとマダガスカルの2か国において「Orange Klif」のブランド名でALCATEL ONE TOUCHの3G対応スマートフォンを販売する。同端末は2015年3月にバルセロナで開催されたMWCで発表された。

「Firefox OS」は25ドルからスマートフォンを提供できる、「ウルトラローコスト端末」がウリである。今回の「Orange Klif」スマートフォンも約40ドルで販売する予定である。カメラが2Mなど日本や先進国で販売されている端末に比べると見劣りはするものの、40ドルでここまで製造できるのか、と驚いてしまう。もはや日本メーカーが入り込める余地は全くない価格帯である。

「Orange Klif」スマートフォン

「Orange Klif」スマートフォン

(出典:ALCATEL)

急成長するアフリカのスマートフォン市場

アフリカにおいてもスマートフォンの普及は著しい。調査会社IDCによると2014年に中東アフリカ地域に出荷されたスマートフォンは前年比83%増だった(※2)。特にナイジェリアでは135%増、ケニアでは112%増とスマートフォンの普及が著しい。そして100ドル以下のスマートフォンが同地域では20%を占めている。

プリペイドの利用が90%以上である同地域の端末の特徴としては、1台の端末に2枚のSIMカードを挿入できる「デュアルSIM対応端末」が大人気で、デュアルSIM対応端末の出荷は前年よりも34%増加している。「Orange Klif」もデュアルSIM対応である。

また中東アフリカ地域においても、新興メーカーが多数進出してきており、サムスンやHuaweiといったグローバルメーカーのシェアが低下している。サムスンは2013年には同地域で51.5%とスマートフォンシェアの半数以上を占めていたが、2014年には43.8%に低下している。

「Firefox OS」は新興国、途上国を中心に34か国で端末を販売している。アフリカではフランスの通信事業者Orangeが運営しているエジプト、カメルーン、マリ、ニジェール、ケニア、モーリシャス、ボツワナ、チュニジア等での販売も予定されている。

新興国でのスマートフォン普及の鍵は「安さ」

アフリカのような新興国、途上国地域においてのスマートフォン普及の鍵は、「いかに端末価格が安い商品を出荷できるか」である。中古端末も大量に流通しており、価格の安いフィーチャーフォンも流通していることから、スマートフォンも「価格勝負」になっている。機能やデザインでの大きな差別化は難しいし、市場でもほとんど求められていない。Googleも新興国市場向けに「Android One」というOSを2014年9月にインドで、約100ドルで販売開始して、順次新興国を中心に販売している。そして特に人口10億人を超えているアフリカ市場は世界中のメーカーが注目している。新興国市場でのスマートフォン戦争は始まったばかりである。

*本情報は2015年5月18日時点のものである。

※1 Mozilla(2015) 8th May 2015, “Orange Launches First Firefox OS Smartphones in Africa”
https://blog.mozilla.org/blog/2015/05/08/orange-launches-first-firefox-os-smartphones-in-africa/
2nd Apr 2015, “Firefox OS Arrives in South Africa”
https://blog.mozilla.org/blog/2015/04/02/firefox-os-arrives-in-south-africa/

※2 IDC(2015) 26th Apr 2015, “MEA Smartphone Market Rockets as Cheap Devices Spur Surge in Demand”
https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prAE25583415

会員限定レポートの閲覧や、InfoComニューズレターの最新のレポート等を受け取れます。

ICR|株式会社情報通信総合研究所 情報通信総合研究所は情報通信のシンクタンクです。
ページの先頭へ戻る
FOLLOW US
FacebookTwitterRSS