2016年9月16日掲載 ITトレンド全般 Global Perspective

フォルクスワーゲン、自動車のセキュリティ専門の新会社設立:自動車へのサイバー攻撃防衛の時代へ



ドイツを代表する自動車メーカーのフォルクスワーゲンは2016年9月に、コネクテッドカーやモバイルサービスなど自動車専門のサイバーセキュリティ対策企業「CYMOTIVE Technologies」を設立したことを発表した[1]。フォルクスワーゲンはイスラエルのサイバーセキュリティの専門家3人(Yuval Diskin氏、Tsafrir Kats氏、Tamir Bechor博士)らとイスラエルのHerzliyaとドイツのWolfsburgに「CYMOTIVE Technologies」を設置して、自動車向けのサイバー防衛の研究や開発を行っていく。同社の会長を務めるYuval Diskin氏はイスラエルの公安庁の責任者を務めたこともある。フォルクスワーゲンはヒトラーが「国民車」の普及を目指してポルシェと一緒に開発し、第2次大戦中は多くのユダヤ人強制労働者が同社で苛酷な軍需生産活動に従事させられていたことを思うと、隔世の感を禁じ得ない。閑話休題。

サイバー攻撃による遠隔操作で大惨事は起きるのか

インターネットに接続された自動車、いわゆるコネクテッドカーの登場以降、自動車へのサイバー攻撃は自動車業界にとっても懸念材料の1つだ。サイバー攻撃は地震や津波のように自然災害ではなく、人為的な攻撃であり、攻撃者(人間)がいて、彼らには「攻撃する目的」がある。攻撃者も暇ではないから、闇雲に攻撃はしない。彼らの目的のほとんどは「金儲け」であり、一番お金になるのは、データ窃取をしてから、そのデータを必要としている人に売ることだ。そのため自動車向けのサイバーセキュリティと言っても、現在ではまだ個別の自動車への直接のサイバー攻撃による遠隔操作よりは、情報窃取の方が脅威である。

 だが、これから自動運転車が主流になると、自動運転車へのサイバー攻撃によって、自動車が勝手に暴走してしまい、大惨事につながることも懸念されている。

フォルクスワーゲンでも2016年8月には無線解錠システムで利用されるリモコンキーを複製する手法が研究者によって明らかにされてしまい、攻撃者は低価格で市販されている無線キットで複製が可能だったようで、これによって2000年から2016年の間に販売された数百万台のフォルクスワーゲンが侵入される脅威に晒されていたと報じられている。

 また2015年7月にもアメリカで、フィアット・クライスラー・オートモービルズの自動車がサイバー攻撃を受ける実験で、走行中にエンジンを停止することが可能であることが実験結果で明らかになり、車両に搭載された無線通信ソフトウェアをアップデートするために、140万台の自動車をリコールしたばかりだ。万が一、これら140万台の自動車が市場に出た後に、サイバー攻撃を受けて道路で勝手にブレーキやエンジンを遠隔操作されてしまったかもしれない。いつまでもSFか夢物語のような話だと笑ってはいられない。

世界中の安全社会の維持に向けて

自動車は人命に関わる乗り物であり、自動車へのサイバー攻撃によって、自動車がドライバーの意思と関係なく遠隔操作され、大惨事に繋がることは回避しなくてはならない。

人工知能を搭載し、センサーやカメラなどが装備された自動運転車は近い将来、日本でも実現されるだろう。そして自動車免許を持っていない、つまり自動車の運転や操作が出来ない人も自動運転車に乗るようになるから、自動運転車でのサイバーセキュリティは特に重要である。もっとも先にも述べたようにサイバー攻撃をする攻撃者には目的があって、自動車にサイバー攻撃を仕掛けて、大惨事を招くと、重たい罪に問われるので、愉快犯レベルで自動車へサイバー攻撃をしかけて遠隔操作を行うことは起こりにくいだろう。またテロ集団も成功する保証がないのに、巧妙にサイバー攻撃を仕掛けるよりも、実際に爆弾による爆破などの攻撃を狙う可能性が高いが、テロ集団による自動車へのサイバー攻撃は無視することはできない。また実際には遠隔操作をしなくとも、それを口実に強請を行う犯罪者が登場するかもしれない。

 安倍総理も2016年9月15日に開催された政府の総合科学技術・イノベーション会議で「国家安全保障に貢献する技術については、本会議、防衛省と関係省庁が連携して、その強化に一層取り組んでいきたい」と述べた。世界を代表する自動車王国である日本にとって、自動車へのサイバー攻撃防衛の対策は、自国の安全保障だけでなく世界中での安全社会の維持にも密接に関わってくる。

[1] Volkswagen(2016) 14th Sep 2016, “Volkswagen enters into cooperation with top Israeli experts to establish an automotive cyber security company”
https://www.volkswagen-media-services.com/en/detailpage/-/detail/Volkswagen-enters-into-cooperation-with-top-Israeli-experts-to-establish-an-automotive-cyber-security-company/view/3949027/7a5bbec13158edd433c6630f5ac445da?p_p_auth=ih9Y5bpe

会員限定レポートの閲覧や、InfoComニューズレターの最新のレポート等を受け取れます。

ICR|株式会社情報通信総合研究所 情報通信総合研究所は情報通信のシンクタンクです。
ページの先頭へ戻る
FOLLOW US
FacebookTwitterRSS