2019年8月27日掲載 ICT経済 ICTエコノミーの今

ICT 経済、2四半期連続で減少【InfoCom ICT経済アップデート】



情報通信総合研究所では、情報通信(以下、ICT)産業が日本に与える影響を把握するために「ICT関連経済指標」を作成し、四半期ごとに公表しております。「InfoCom ICT経済アップデート」について2019年4-6月期がまとまりましたのでご報告いたします。

PDFでもご覧いただけます。
PDF版のダウンロードはこちらから。

2019 4-6 月期のポイント(前年同期比)

ICT経済は2期連続でマイナス成長となった。ICTサービスは19期連続増と好調を維持している。一方、ICT財は前年同期比マイナス10.2%と2期連続で減少し、減少幅が拡大した。ICT在庫は増加幅が縮小し、生産の減少を伴いながら、調整が進展している。

需要サイドは、ICT輸出が3期連続でマイナスを記録し、それが設備投資や生産面に波及している。一方、ICT輸入は減少から増加に転じた。ICT設備投資はマイナス2.0%と2期連続で減少した。ICT消費は堅調に推移し3.7%となったが、ICT経済全体を下支えするまでの勢いはなかった。

米中貿易摩擦を背景にした中国経済の減速、世界的なスマートフォン需要の一巡が、ICT輸出、ICT設備投資の低迷をもたらし、生産面に影響している。

ICT 関連経済指標の推移

2019 4-6 月期の動向

(ICT経済総合)

  • 国内ICT経済は前年同期比マイナス0.2%と2期連続で減少した。前期に比べて0.1ポイント減少した(図表2)。

(ICTサービス)

  • ICTサービスは前年同期比2.5%と19期連続で増加した(図表3)。
  • 移動電気通信業の増加幅が拡大し、受注ソフトウェアの増加幅が縮小した。

(ICT財)

  •  ICT財は前年同期比マイナス10.2%と2期連続で減少した(図表4)。
  • 半導体・フラットパネルディスプレイ製造装置、電子デバイス、集積回路の減少幅が拡大し、電子計算機は増加に転じた。

(ICT在庫)

  • ICT在庫は前年同期比1.0%と増加幅が縮小した(図表5)。
  • 電子デバイスの増加幅は縮小し、集積回路の減少幅は拡大した。

(ICT消費)

  •  ICT消費は前年同期比3.7%と14期連続で増加した(図表6)。
  • スマートフォン等の端末価格、パソコンの増加幅が拡大した。スマートフォン等の通信・通話使用料の増加幅は縮小した。

(ICT設備投資)

  • 民需(除く船舶・電力・携帯電話)は前年同期比マイナス0.8%と2期連続の減少となった(図表7)。
  • 電子計算機等は減少幅が拡大し、通信機は増加に転じた
  • 官公需は前年同期比21.9%と前期の減少から増加に転じた。


(ICT輸出入)

  • ICT輸出(金額ベース)は前年同期比マイナス10.1%と3期連続で減少した(図表8)。通信機、半導体等製造装置の減少幅が縮小し、半導体等電子部品が拡大した。数量ベースではマイナス12.1%と4期連続で減少した。
  • ICT輸入(金額ベース)は前年同期比2.0%と減少から増加に転じた(図表9)。電算機類(含周辺機器)の増加幅が拡大し、通信機は増加に転じた。半導体等製造装置の減少幅は縮小した。数量ベースでは同1.8%と減少から増加に転じた。

ICT 関連財・サービス総合指標の推移

第3次産業活動指数に占める ICT 関連サービスの寄与度

鉱工業生産に占める ICT 関連品目の寄与度

ICT 関連在庫循環図(四半期)

家計消費支出(家計消費状況調査)に占める ICT 関連消費の寄与度

設備投資に占める ICT 関連機種の寄与度

輸出総額に占める ICT 関連輸出(品目別)の寄与度

輸入総額に占める ICT 関連輸入(品目別)の寄与度

ICT関連経済指標に採用した項目

関連キーワード

会員限定レポートの閲覧や、InfoComニューズレターの最新のレポート等を受け取れます。

ICR|株式会社情報通信総合研究所 情報通信総合研究所は情報通信のシンクタンクです。
ページの先頭へ戻る
FOLLOW US
FacebookTwitterRSS