2015年4月27日掲載 ITトレンド全般 InfoCom T&S World Trend Report

ガラケー出荷台数が7年ぶりに前年を上回る:今でも根強い人気のガラケー

MM総研は2015年2月3日、2014年1月~2014年12月まで1年間の日本国内携帯電話端末における出荷台数調査結果を発表した。


総出荷台数は前年比2.5%減の3,828万台で、2012年から2年連続で減少した。スマートフォン出荷台数は前年比5.3%減の2,770万台だが、フィーチャーフォン出荷台数は前年比5.7%増の1,058万台となった。フィーチャーフォン出荷台数が前年を上回ったのは2008年以降初めてのことである。フィーチャーフォンとはいわゆる「ガラケー」(ガラパゴス・ケータイ)と言われるものだ。

ここから先はInfoComニューズレターメンバーズの方のみお読みいただけます。

メンバーズ登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。メンバーズ登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、 メンバーズ登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

会員限定レポートの閲覧や、InfoComニューズレターの最新のレポート等を受け取れます。

ICR|株式会社情報通信総合研究所 情報通信総合研究所は情報通信のシンクタンクです。
ページの先頭へ戻る
FOLLOW US
FacebookTwitterRSS