2017年7月10日掲載 ITトレンド全般 Global Perspective

オーストラリア軍、サイバー攻撃強化に向けた部隊創設へ:攻撃が最大の防衛



オーストラリア政府はサイバー攻撃を行う部隊を軍に創設することを明らかにした[1]。100人で構成されるサイバー攻撃の部隊で10年以内に900人までに拡大する予定。イスラム国(IS)など海外へのサイバー攻撃を強化していく。南シナ海で運行している中国海軍の艦隊もサイバー攻撃の標的となりうると報じられている。サイバー部隊は攻撃だけでなくサイバー防衛も行う。

 オーストラリア国立大学のJohn Blaxland氏によると「サイバー部隊は戦時だけでなく平時においてもサイバー攻撃を行い敵国の脆弱性を突いて、揺さぶりをかけて弱体化させていく任務が与えられるだろう」とコメント。またオーストラリア当局は、ロシアは敵国へのサイバー攻撃に非常に積極的だが、中国はサイバー攻撃力を見せつけるよりも、情報窃取に注力しているとの見解を示している。

ニューサウスウェールズ大学のGreg Austin氏は「アメリカはサイバースペースでの大国だが、オーストラリアはかなり遅れている。オーストラリアのサイバースペースにおける仮想敵国はロシアと中国だが、この2か国は最近になってサイバー軍拡競争に参加してきたばかり」と指摘。

オーストラリア政府は、サイバー犯罪防衛に向けた対策も強化していくことも明らかにしている[2]。サイバー犯罪によるオーストラリアでの被害は1年間で10億ドル。2014年末からサイバー犯罪が114,000件あるが、そのうち主要な23,700件はここ半年で発生しているとのこと。ランサムウェアによる被害を懸念しており、対応が急務である。

 国連機関である国際電気通信連合(ITU)が2017年7月5日に、世界134か国のサイバー能力の指標である「Global Cybersecurity Index」(GCI)を発表[3]。法制度、技術、組織、能力構築、協力の5つの観点から各国のサイバー能力を判断。1位がシンガポール、2位がアメリカでオーストラリアは7位だった(日本は11位)。

攻撃が最大の防御となるサイバースペース:抑止と人材育成

サイバースペースの防衛において一番重要なのはサイバー攻撃を常時行うことだ。常に敵国のサイバースペースに攻撃をしかけることによって、敵の脆弱性を検知することは、自国のサイバースペースの脆弱性の検知にもつながる。その脆弱性を改修することによって自国のサイバースペース防衛もできることが多い。さらに、自国がサイバー攻撃を受けた時にも、平時からサイバー攻撃を行っていれば、防衛時のポイントもすぐにわかる。

オーストラリアがサイバー攻撃を行っていくことを明らかにしたが、これは敵国に対してのサイバースペースでの抑止効果も働く。常にサイバー攻撃を行っていることは、自国のサイバー防衛対策も強化されている可能性が高い。そのため攻撃側も慎重にならざるを得ない。また何よりもサイバー攻撃を日常的に行っていることによって、リアル世界での抑止力も働く。例えば、南シナ海に進出しようとしている中国軍の艦隊のシステムをオーストラリアからのサイバー攻撃で破壊することもありうる。

またABCは今回のオーストラリア軍のサイバー部隊を「軍人だけでなく民間人も含まれており、従来のような軍人の体力テストも不要。今までに見たことがない部隊」と報じており、「キーボード戦士の部隊(A unit of keyboard soldiers)」と表現。サイバー戦争とは結局のところ「プログラミング戦争」であり、その要諦は人材だ。サイバー攻撃と防衛ができるハッカー、プログラマー、それらを指揮するコマンダーが必要になる。優秀なサイバー技術を保有し、かつ倫理観を持った人材の確保がサイバースペース攻防の鍵になる。

つまりサイバー攻撃に対する抑止能力の維持、競争優位を確立するためには、サイバースペースを攻防するプログラミング能力競争において優位に立ち、国際社会にサイバー能力を誇示していく必要がある。サイバースペースにおいて優位を確立するためには、プログラミング戦争に勝たなくてはならない。

[1] ABC News(2017) 30th Jun 2017, “Cyber warfare unit set to be launched by Australian Defence Forces
http://www.abc.net.au/news/2017-06-30/cyber-warfare-unit-to-be-launched-by-australian-defence-forces/8665230”

[2] Australia Government(2017) 30th Jun 2017, “Prime Minister, Minister for Defence and Minister Assisting the Prime Minister for Cyber Security - Capability to fight cyber criminals”
https://www.minister.defence.gov.au/minister/dan-tehan/media-releases/prime-minister-minister-defence-and-minister-assisting-prime

[3] ITU(2017 )  Global Cybersecurity Index(GCI)
https://www.itu.int/en/ITU-D/Cybersecurity/Documents/Global%20Cybersecurity%20Index%202017%20Report%20version%202.pdf

会員限定レポートの閲覧や、InfoComニューズレターの最新のレポート等を受け取れます。

ICR|株式会社情報通信総合研究所 情報通信総合研究所は情報通信のシンクタンクです。
ページの先頭へ戻る
FOLLOW US
FacebookTwitterRSS