情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。

お問い合せ一覧

  1. HOME
  2. オピニオン
  3. InfoCom REVIEW

InfoCom REVIEW

情報通信およびその周辺に関する論文集

InfoCom REVIEWの表紙イメージ情報通信に関する独創的な研究成果を公表しながら、今後の日本社会の発展に資することを目指し、年2回、執筆者独自の知見や提言を含む研究論文を発行しております。

発行頻度:年2回(1月、7月)
サイズ :A4縦

目次

>サンプル見る(第72号より)

第72号(2019年1月31日発行)の掲載論文

論文

  • アクティブサイバー防御をめぐる比較法的検討(高橋郁夫)
  • 北朝鮮の情報通信技術産業
     -金正日がもたらしたいびつな成功と労働力余剰-(小宮山功一朗)
  • 個人情報保護法制における「通知・選択アプローチ」の意義と課題
     -近時の議論動向の分析とIoT 環境に即したアプローチの考察-(松前恵環)
  • 強制処分法定主義との関係におけるモザイク理論の功罪とその示唆
     -監視型情報収集の強制処分への該当性をめぐる判断基準としての役割-(海野敦史)

研究レポート

  • 世界の経営学者が今見ているプラットフォームビジネス
     -プラットフォーム戦略の基礎と発展的議論-(宮元万菜美)

第71号(2018年7月31日発行)の掲載論文

第70号(2018年1月31日発行)の掲載論文

第69号(2017年7月31日発行)の掲載論文

> バックナンバーはこちら

購読方法について

本論文誌は、NTT出版(株)より購入できます。※1
(NTT出版の「InfoCom REVIEW」紹介ページはこちら)

(概要)

発行頻度 年2回(2016年以降は1月、7月)
サイズA4縦
定価 本体1,000円+税 ※2
編集・発行 情報通信総合研究所
発売 NTT出版

※1 直近(1年以内に発行)号以前のものは、弊社書籍販売窓口へお問い合わせください。

※2 消費税は、消費税法に定められた税率により計算いたします。

InfoCom REVIEW

株式会社情報通信総合研究所
情報サービス部 書籍販売窓口