本多 周一
特別研究員
社会公共コンサルティング部
本多 周一 Honda Shuichi

製薬会社から外資系及び日系コンサルティング会社を経て、情報通信総合研究所に入社。これまでの多くの経験を踏まえて、表層的ではなく、本質を追求したサステナブルな結果を提供する事を主眼にしています。

専門分野

  • 医療情報ネットワーク設計、構築
  • 遠隔医療の設計・構築
  • 地方自治体の課題抽出と施策策定
  • 民間企業の事業戦略及び新規事業

注力テーマ

# ネットビジネス
# ICTx公共・行政
# ICTx地方創生
# ICTx農林水産業
# ICTx医療・健康
# ICTx教育
# AI
# IoT
# 5G・ローカル5G
# 経営コンサルティング
# 事業戦略コンサルティング
# ビジネスコンサルティング
# 政策立案・提言

経歴

1999年~ 民間企業の経営コンサルティング(製造業、商社、金融機関、建設業、介護業等のオペレーション改善、新規を含む事業戦略立案)
2007年~ 公的機関の調査研究(遠隔医療、医療情報ネットワーク、地域創生等の研究調査、政策支援)

所属学会

  • 国際CIO学会

委員・役職等

  • 総務省クラウド型EHR高度化事業評価構成委員
  • パブリシティ

    調査レポート

    • 調査レポート

      InfoCom T&S World Trend Report 2021年3月号(No.383)

    InfoCom ニューズレター

    デジタルトランスフォーメーションによる新たな時代の経営
    2021年3月15日

    デジタルトランスフォーメーションによる新たな時代の経営

    ビジネスへのITの導入ITの仕事への導入は、1920年代のIBM社のパンチカード装置に始まり、その後の発展は目覚ましく、現在のビジネスに欠かせないものとなっている。これまでのビジネスにおけるITは、主に、業務効率化やコスト削減といった現状の改善手段として利活用…

    インバウンドをテコにしたアウトバウンド創出による地域活性化
    2020年3月13日

    インバウンドをテコにしたアウトバウンド創出による地域活性化

    日本の現状と今後のインバウンド日本は、少子高齢社会に突入し、人口減少、経済規模の縮小が予測されている。このような状況でも国民の豊かな生活を継続していくためには、社会保障の維持、地域格差の解消などの課題を解決していくことが求められる。そのためには、国および地方の…

    この研究員の一覧を見る

    プロジェクトに関するご相談や
    ICRのサービスに関するご質問など
    お気軽にお問い合わせください。

    ICRに相談する/質問する