町田 和久
ICTリサーチ・コンサルティング部
上席主任研究員
町田 和久 Machida Kazuhisa

中国や新興国における海外市場・制度調査などを中心に様々なノウハウを蓄積してきました。地域のインバウンドやナレッジマネジメントにも関心があります。趣味は温泉、ドライブ、外国語学習。47都道府県、50ヶ国・地域訪問済です。

専門分野

  • 中国のICT動向
  • 中国・新興国市場調査
  • グローバルICT市場
  • ナレッジマネジメント

注力テーマ

# ICTマクロ経済
# ICT市場・事業者
# モバイル(通信)
# 情報通信に関する政策動向
# 諸外国の情報通信規制
# ICTx観光
# ICTx環境・SDGs
# ICTx都市・建築
# AI
# 5G・ローカル5G
# スマートシティ
# データセンター
# 市場調査
# 社会調査
# 技術調査
# 法規制調査
# 海外動向調査
# 政策立案・提言

経歴

1986年 NTT入社
主として国際関連業務に従事し、中国北京駐在のほか、アジア・アフリカ等の新興国ビジネスを担当
1992~95年 旧海外経済協力基金アフリカ担当出向
1995~99年 NTT北京事務所次長
2004年 株式会社情報通信総合研究所
グローバル研究グループ主任研究員、同グループ副部長、上席主任研究員、ICT創造研究部第1グループリーダ等を経験

実績

  • 有償情報サービス「InfoCom T&S」サービスの運営
  • パブリシティ

    メディア掲載

    • WEB

      2019年度総務省事業「マレーシアにおける社会課題解決のためのスマートシティモデルの構築に関する調査研究」

    • 雑誌

      ICTの社会実装が進む 台湾のスマートシティ・桃園

    • 雑誌

      「デジタル人民元」で注目が集まるブロックチェーン

    • 雑誌

      中国も間も無く5G開始 4社に免許が正式交付

    • 雑誌

      春節休みの中国からの人気訪問先は雪と氷の北海道

    調査レポート

    • 調査レポート

      InfoCom T&S World Trend Report 2020年8月号(No.376)

    InfoCom ニューズレター

    昔の世界の街角から:四半世紀前のケニアの サファリ
    2020年7月15日

    昔の世界の街角から:四半世紀前のケニアの サファリ

    コロナ禍については6月11日、「東京アラート」解除が決定し(本稿執筆6月12日時点)、ひところよりだいぶ落ち着いてきた感があり、今後経済活動が大きく回復していくことを望むばかりです。しかしながら、この毎月お届けしているコラム「世界の街角から」では、弊社研究員が…

    世界の街角から:台湾 ~空港のある街・桃園スマートシティ
    2020年4月15日

    世界の街角から:台湾 ~空港のある街・桃園スマートシティ

    2月上旬に台湾・桃園(Taoyuan)市で開催されたスマートシティ関連イベントに参加する機会を得た。本稿執筆時点(2020年3月16日)で新型コロナウイルスの先行きが依然としてまだ不透明な状況であるが、台湾は新型コロナ対策でも30代の若いIT担当大臣の活躍によ…

    中国における「暗号法」制定と 「デジタル人民元」の行方
    2020年1月15日

    中国における「暗号法」制定と 「デジタル人民元」の行方

    「暗号法」制定と「デジタル人民元」2019年10月末、中国の最高意思決定機関である全人代常務委員会で「暗号法」(中国語名「密碼法」)が採択、公布された(施行は2020年1月より)。同法は、中国が暗号技術について今後国家として注力していくこと、それを取り巻く環境…

    この研究員の一覧を見る

    プロジェクトに関するご相談や
    ICRのサービスに関するご質問など
    お気軽にお問い合わせください。

    ICRに相談する/質問する