野口 正人
ICTリサーチ・コンサルティング部
主席研究員
野口 正人 Noguchi Masato

入社以来、経済分野からのアプローチでデジタル技術の社会経済への影響の分析に携わっています。現在は、人工知能を中心に各種デジタル技術の経済社会への影響に関心があります。分析手法としては、RやPythonを使っての、デジタル経済社会の実証分析に関心があり、個別研究を進めようと模索しています。

専門分野

  • デジタル経済全般
  • ミクロ経済事象
  • 技術の社会的受容

経歴

1991年 株式会社情報通信総合研究所 入社

所属学会

  • 日本経済学会
  • 景気循環学会
  • 社会情報学会
  • 情報通信学会
  • 公益事業学会
  • パブリシティ

    メディア掲載

    • WEB

      【InfoCom ICT経済アップデート】2020年4-6月期
      ICT経済は減少に転じる~ICT財生産に加え、ICTサービスも減少に~

    • 新聞

      「ICT経済 18期ぶりマイナス 1〜3月0.2%減 米中貿易摩擦が逆風」調査結果が掲載

    報道発表

    • 報道

      【報道発表】ICT利活用によって離職・休職せずに働き続けられる人は370万人
      〜ICT利活用によって職場外で働けるようになったことが人手不足の緩和に貢献〜

    • 報道

      【報道発表】ICT利活用による働き方改革で3割の企業の生産性が向上
      〜従業員と企業のWin-Winの関係構築が重要〜

    • 報道

      【報道発表】ICT 利活用による働き方改革でホワイトカラーの 労働時間を月間 21 時間削減可能に〜ICT 利活用による労働時間削減には制度改革や社内の雰囲気づくりが重要

    調査レポート

    • 調査レポート

      InfoCom ICT経済報告(No.66)

    • 調査レポート

      InfoCom ICT経済報告(No.65)

    • 調査レポート

      「平成30年度シェアリングエコノミー活用推進事業 報告書」が総務省サイトに掲載

    InfoCom ニューズレター

    ICT製造業は強気だ!
    2018年10月17日

    ICT製造業は強気だ!

     景気動向を把握する方法の一つとして在庫の動きを見る方法がある。図はその在庫の動きを生産の動きと合わせて循環図としてあらわしたもので、鉱工業指数からICT製造業に絞り作っている。その在庫循環図、最近の動きは、急激な在庫の増加が特徴だった。さては景気減速か?とす…

    この研究員の一覧を見る

    プロジェクトに関するご相談や
    ICRのサービスに関するご質問など
    お気軽にお問い合わせください。

    ICRに相談する/質問する