鈴木 康平
法制度研究部
主任研究員
鈴木 康平 SUZUKI Kohei

大学・大学院にて図書館情報学を専攻(修士論文のテーマは著作権法関連)。
博士前期課程修了後、特許庁にて意匠審査官として意匠審査・意匠法改正業務に従事。
2019年7月、株式会社情報通信総合研究所入社。
知的財産法を含む情報法分野の調査研究に従事。

専門分野

  • 知的財産法(特に意匠法、著作権法)
  • 情報法

注力テーマ

# データの保護と利活用
# 知的財産と法制度
# 競争政策と法制度
# 先端技術と法制度
# プラットフォーマー規制
# 法規制調査

経歴

2015年3月 筑波大学大学院図書館情報メディア研究科博士前期課程修了
2015年4月 経済産業省特許庁 入庁(意匠部門)
2019年7月 株式会社情報通信総合研究所 入社

保有資格

  • 修士(図書館情報学)(筑波大学)
  • 司書

論文発表

  • デジタルプラットフォーム規制における透明性に関する規定の検討 -EU法と日本法の比較を通じて

パブリシティ

調査レポート

  • 調査レポート

    InfoCom T&S World Trend Report 2021年7月号(No.387)

  • 調査レポート

    InfoCom T&S World Trend Report 2021年4月号(No.384)

InfoCom ニューズレター

EUのデジタルサービス法案の概要・検討状況と日本のデジタルプラットフォーム規制との関係
2021年6月28日

EUのデジタルサービス法案の概要・検討状況と日本のデジタルプラットフォーム規制との関係

1.はじめに2020年12月15日、欧州委員会は、デジタルサービス法(Digital Services Act:DSA)[1]とデジタル市場法(Digital Markets Act:DMA)[2]と題する新たなデジタルプラットフォーム規制案を欧州議会とEU理…

データ・AIの著作権法制と、ヒトDTCへの適用に関する若干の検討
2021年3月29日

データ・AIの著作権法制と、ヒトDTCへの適用に関する若干の検討

はじめにデータや人工知能(AI)は、あらゆる産業分野で競争力の源泉となっており、その効果的な利活用は国や企業の発展に大きな影響を与えるものである。データ・AIの効果的な利活用を図るためには、適切な権利保護と、利用を阻害しない制度が整っている必要があるが、著作権…

この研究員の一覧を見る

プロジェクトに関するご相談や
ICRのサービスに関するご質問など
お気軽にお問い合わせください。

ICRに相談する/質問する