情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。

お問い合せ一覧

野口正人

野口正人(Noguchi Masato)
ICTリサーチ・コンサルティング部主席研究員

領域:

  • デジタル産業の産業組織の変遷、デジタル技術と企業構造、消費者行動の分析および予測
  • デジタル産業の投入構造(特にデジタル資本ストック)の分析、自然独占性の検証や非効率性、生産性の分析
  • デジタル産業における規制および競争政策に関する分析
  • デジタル経済のマクロ動向の分析、予測

1991年4月に入社以来、情報通信の規制、政策分野を中心に幅広く需要構造、企業行動も含めて電気通信分野を分析してきました。1995年以降は、インターネットと携帯電話、2000年代はブロードバンド、クラウドの時代になり、そして今、AIを中心とした新しいデジタル経済が勃興しつつあります。これらの変化を受け、現在の研究テーマは、デジタル経済のマクロ動向の分析、デジタル産業の構造変革に伴う制度や政策の見直し、デジタル技術が及ぼす企業・消費者行動について経済学のフレームを使って分析することです。

所属学会:

  • 日本経済学会
  • 社会情報学会
  • 情報通信学会
  • 公益事業学会

野口正人の最新情報

◎外部メディア掲載(随時更新)

すべてを表示

研究員ブログの投稿

すべてを表示

主な実績一覧

◎提供サービス、連載レポート等

◎業務実績

  • AI経済の展望に関する調査研究
  • 通信機器中期需要予測に関する調査
  • IoT市場調査
  • IT機器やデータセンターの普及動向の調査

◎著書・論文

> 野口正人の論文誌を検索する(Google Scholar)

  • 「携帯電話事業における規模の経済の計測」(InfoCom REVIEW, 第36号 2005年3月)
  • 「DEAを用いた携帯電話事業の自然独占性の測定」(InfoCom REVIEW, 第36号 2005年3月)
  • 「携帯電話事業における規模及び範囲の経済性の計測とその政策的含意」(InfoCom REVIEW, 第34号 2004年8月)
  • ブロードンバンドの発展と政策
  • ユニバーサルサービス