安藤 雅彦
ICTリサーチ・コンサルティング部
研究員
安藤 雅彦 Ando Masahiko

「生活者」「地方自治体「企業」という3つの視点からICTに関する調査・研究活動に幅広く従事。関心領域は人と人工物との関わり合い。生活者のICTやネットワークの利用実態や新サービスに対する受容性などに関する定量分析や定性分析を多数手がけています。近年は「教育とICT」に関する調査研究にも注力しており、主要な調査・研究テーマのひとつとなっています。

専門分野

  • 教育とICT
  • マス向けモバイル回線・サービスに関する調査研究
  • 生活者のICT利活用に関する調査研究
  • 人間人工環境論
  • ゲーム産業・バーチャルワールド

注力テーマ

# ICT市場・事業者
# モバイル(通信)
# ネットビジネス
# 情報通信に関する政策動向
# ICTx教育
# 市場調査
# 社会調査
# 経営コンサルティング
# 事業戦略コンサルティング
# ビジネスコンサルティング
# サービス商品開発
# 業界トレンド解説

経歴

1992年4月 株式会社情報通信総合研究所 入社
1998年4月 ECビジネス研究室
2000年4月 東京大学大学院新領域創成科学研究科修士課程入学
2002年3月 東京大学大学院新領域創成科学研究科修士課程修了
2002年4月 通信事業研究グループ
2006年4月 マーケティング・ソリューション研究グループ
2015年4月 ICT創造研究グループ
2018年7月 現職

保有資格

  • 修士(環境学)
  • 教育情報化コーディネーター(3級)

実績

  • 教育ICTに関する市場調査
  • 学校におけるICT化の動向調査
  • ICTを活用した特別支援教育に関する調査
  • 公教育ICT関連動向調査
  • 教育分野におけるゲーミフィケーション動向調査
  • 子供のスマホ・ケータイ利用動向調査
  • 国内モバイルユーザ動向調査
  • MVNO/2ndブランドユーザ動向調査
  • ブロードバンド市場マーケット分析調査
  • ブロードバンド利用意向ユーザ調査
  • 携帯電話のブランドイメージ変遷調査
  • 映像配信サービスユーザ動向調査
  • 高ビットレートコンテンツに対するユーザニーズ調査
  • 中堅中小企業の経営課題・事業リスクとICT利用に関する調査
  • スマートフォンの法人ニーズに関する調査プロジェクト
  • 船舶セルラサービスのユーザニーズ調査
  • 電子マネー導入実験における利用者調査
  • ICT市場動向観測調査(ゲーム産業)
  • ICT市場動向観測調査(バーチャルワールド)
  • パブリシティ

    調査レポート

    • 調査レポート

      「平成30年度シェアリングエコノミー活用推進事業 報告書」が総務省サイトに掲載

    InfoCom ニューズレター

    新型コロナ対策から考える遠隔教育の可能性と新たな兆し
    2020年6月29日

    新型コロナ対策から考える遠隔教育の可能性と新たな兆し

    はじめに新型コロナウイルス感染症対策は生活のあらゆるシーンにおいて大きな影響を与えているが、学校もその例外ではない。感染拡大防止対策として、日本国内のほとんどの小中高等学校、特別支援学校では臨時休校の措置が取られ、地域によっては休校期間が2カ月近くに及ぶという…

    「eポートフォリオ」は高校生の新たな必需品?! 〜ICTによる“学びの記録”の活用と可能性
    2019年9月27日

    「eポートフォリオ」は高校生の新たな必需品?! 〜ICTによる“学びの記録”の活用と可能性

    はじめに東京オリンピック・パラリンピックの開催まで1年を切ったこともあり、様々なスポーツで活躍するアスリートの話題を目にする機会が増えてきた。そんなアスリート達への密着取材などで、よく目にするのが「練習ノート」の存在だ。「練習ノート」には練習内容や試合結果はも…

    この研究員の一覧を見る

    プロジェクトに関するご相談や
    ICRのサービスに関するご質問など
    お気軽にお問い合わせください。

    ICRに相談する/質問する