神野 新
法制度研究部
主席研究員
神野 新 Kamino Arata

大学卒業後、一貫して情報通信産業で活動。システム開発、人材開発、マーケティングなどを経験後、1995年より情報通信総合研究所。欧米主要国の情報通信産業の動向に関する調査に従事。趣味の音楽産業のオンライン化、デジタル化の行方にも多大な関心を抱いています。

専門分野

  • 欧米の情報通信政策・規制
  • 欧米の市場競争分析
  • 海外主要キャリアの事業者戦略
  • プラットフォーマー規制
  • メディアとプラットフォーマーの関係分析

注力テーマ

# ICT市場・事業者
# 競争政策と法制度
# 情報通信に関する政策動向
# 諸外国の情報通信規制
# プラットフォーマー規制
# 法規制調査
# 海外動向調査

経歴

1995年 株式会社情報通信総合研究所 主に欧米主要国の情報通信産業の動向に関する調査に従事
2016年 情報通信総合研究所 法制度研究部
2019年 慶應義塾大学政策メディア研究科非常勤講師

所属学会

  • 情報通信学会
  • 公益事業学会
  • 湘南藤沢学会
  • 公共選択学会
  • 日本公共政策学会

保有資格

  • 慶應義塾大学博士(政策・メディア)

委員・役職等

  • 情報通信学会評議員(2019年~)、同理事(2010~2019年)
  • パブリシティ

    セミナー等への登壇

    • その他

      「第39回情報通信学会大会」で報告者として登壇

    メディア掲載

    • 雑誌

      欧米のニュースメディアとプラットフォーマーのデジタル配信をめぐる攻防

    • 雑誌

      爆発的に拡大する東南アジアのネット空間の光と影

    • 雑誌

      プラットフォーマー規制に団結する東南アジア

    • 雑誌

      ユニセフ「世界子供白書」はプラットフォーマーの開発途上国での貢献を評価

    書籍の執筆・寄稿

      メディア・ローカリズム―地域ニュース・地域情報をどう支えるのか
      共著

      メディア・ローカリズム―地域ニュース・地域情報をどう支えるのか

      出版社:中央経済社
      発行日:2019年10月11日

    調査レポート

    • 調査レポート

      InfoCom T&S World Trend Report 2020年10月号(No.378)

    • 調査レポート

      InfoCom T&S World Trend Report 2020年9月号(No.377)

    InfoCom ニューズレター

    欧米のデジタルプラットフォーム規制の現状(後編)米国(アメリカ)
    2020年9月29日

    欧米のデジタルプラットフォーム規制の現状(後編)米国(アメリカ)

    1.はじめに-米国のプラットフォーム規制の概況(再掲)前号(2020年9月号)の欧州に引き続き、本号では米国のプラットフォーム規制の現状について解説する。それに先立ち、前号の冒頭部分の米国の概況を振り返りの意味で再掲しておく。(米国のプラットフォーム規制の概況…

    欧米のデジタルプラットフォーム規制の現状(前編)欧州(ヨーロッパ)
    2020年8月31日

    欧米のデジタルプラットフォーム規制の現状(前編)欧州(ヨーロッパ)

    1.はじめに:日米欧で活発化するプラットフォーム規制の見直し日本、欧州、米国でオンライン・デジタルプラットフォーム(以下、「プラットフォーム」)市場を巡る規制の動きが活発化している。日本では、2019年9~10月、首相官邸にデジタル市場競争本部 (本部長:菅官…

    COVID-19:突然のライフスタイル変化が情報通信産業に突き付けた課題
    2020年4月28日

    COVID-19:突然のライフスタイル変化が情報通信産業に突き付けた課題

    (1)はじめに世界中で新型コロナ(以下、COVID-19)の感染が急拡大する中、外出自粛や在宅勤務の激増により、多くの人が予期せぬ形で突然のライフスタイル変更を余儀なくされている。その影響は広範囲に及んでいるが、本稿では欧米の情報通信業界を襲った混乱の現状と対…

    この研究員の一覧を見る

    プロジェクトに関するご相談や
    ICRのサービスに関するご質問など
    お気軽にお問い合わせください。

    ICRに相談する/質問する