宮下 啓子
ICTリサーチ・コンサルティング部
主任研究員
宮下 啓子 Miyashita Keiko

社会活動の変容とICTの普及・進化が相互に作用しあっているという観点から、ICTを活用した社会的事象を背景まで掘り下げて調査研究しています。

専門分野

  • 医療・ヘルスケア
  • 教育(公教育、補習市場、EdTech)
  • テレワーク・働き方改革

注力テーマ

# ICTx医療・健康
# ICTx教育
# テレワーク・働き方改革
# 市場調査
# 社会調査
# 業界トレンド解説

経歴

2000年 〜2010年 【医療】2000年頃から継続して担当。 官公庁の研究事業への参画あり
【医療】遠隔医療研究会の運営支援
【教育】民間eラーニング市場開拓支援
【テレワーク】テレワーク普及に向けての委託調査研究
2015年~ 【教育】自治体の学校教育情報化推進支援
2017年~ 【教育】民間企業の公教育向けICT営業支援
2018年~ 【医療】内閣府「AIホスピタル事業」調査部門に参画
【テレワーク】働き方改革に関わるICT産業研究

所属学会

  • 日本遠隔医療学会
  • 日本テレワーク学会

保有資格

  • 消費生活アドバイザー

実績

  • 遺伝子検査ビジネスの市場調査(ICT事業者、官公庁)
  • 国内外の医療分野におけるAIビジネスの現状と展望(ICT事業者)
  • 中小病院向け医療ICT化の現状ならびにビジネス提言(ICT事業者)
  • 自治体の学校教育情報化推進支援(自治体)
  • 公教育向けICT営業推進支援
  • 働き方改革に関する調査(一般産業、医療分野)
  • パブリシティ

    調査レポート

    • 調査レポート

      InfoCom T&S World Trend Report 2021年1月号(No.381)

    • 調査レポート

      InfoCom T&S World Trend Report 2020年12月号(No.380)

    • 調査レポート

      InfoCom T&S World Trend Report 2020年11月号(No.379)

    InfoCom ニューズレター

    オンライン診療から浮かび上がる日本の医療DX問題~ポストコロナに向けてのパラダイムシフト
    2020年10月29日

    オンライン診療から浮かび上がる日本の医療DX問題~ポストコロナに向けてのパラダイムシフト

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大ピーク時に一躍脚光を浴びたオンライン診療。緊急事態に対応した時限的な規制緩和で利用推進が図られたが、運用事例が増えるにつれて規制緩和だけでは解決しえないさまざまな課題が見えてきた。その背景にあるのは、日本の医療…

    医療における働き方改革を考える 〜ICTイノベーションが目指す医療の現場改革
    2019年9月27日

    医療における働き方改革を考える 〜ICTイノベーションが目指す医療の現場改革

    医師の長時間労働是正へ、法規制による対応には限界も人工知能(AI)を活用したがん治療など、ICTを駆使した医療の高度化が進む一方、その担い手である現場の医師や看護師の過重労働が社会問題になっている。日本では国民医療総額の増加を抑えるため、国による管理体制の下、…

    この研究員の一覧を見る

    プロジェクトに関するご相談や
    ICRのサービスに関するご質問など
    お気軽にお問い合わせください。

    ICRに相談する/質問する