メディア掲載 雑誌

「先行する韓国・米国 ファーウェイは苦渋」にコメント掲載

2019年10月17日更新
株式会社情報通信総合研究所

弊社研究員のコメントが掲載されました。

タイトル:先行する韓国・米国 ファーウェイは苦渋
媒体名:日経コンピュータ
掲載号:2019年10月17日
対応者:上席主任研究員 岸田 重行/主任研究員 中村 邦明
リンク:https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/mag/nc/18/100700135/100800003/

「アンテナの設置密度は十分ではないが、3社が競うようにソウルを中心に5Gのエリアを広げている。3社の販売競争も激しい」(情報通信総合研究所の岸田重行上席主任研究員)。
情報通信総合研究所の岸田上席主任研究員は「韓国企業が世界の5G市場でシェアを獲得する足がかりとして、政府が自国での普及を支援している」と分析する。
「最も広く展開しているAT&Tワイヤレスでも21都市で、しかもユーザーを限定している。他の3社はいずれも10都市前後の展開であり、提供済みの都市でもサービスエリアは局所的だ」(情報通信総合研究所の中村邦明主任研究員)。

日経コンピュータ(2019年10月17日)より引用

プロジェクトに関するご相談や
ICRのサービスに関するご質問など
お気軽にお問い合わせください。

ICRに相談する/質問する