6G時代を見据えたインフラシェアリング | 情報通信総合研究所:ICR
セミナー等への登壇 セミナー

6G時代を見据えたインフラシェアリング

2024年04月12日更新
株式会社情報通信総合研究所

2024年5月29日、弊社研究員が以下のテーマでセミナー講師を務めます。
お申し込みは以下のリンク先(開催概要)にある「申込フォーム」からお願いします。
(以下、開催案内より抜粋)

 

モバイル事業では、通信事業者各社が個別にネットワークを構築することで、設備競争が促進されてきた。5Gおよび将来の6G展開においては高密度の基地局整備を要するため、設備投資の効率化に向けたインフラシェアリングの必要性が高まる。諸外国では、低人口地域におけるタワーなどの共用に加えて、近年は、通信需要が高い都市部での同共用や、無線機器などの共用に至るまで範囲が広がりつつある。また、中立的な立場で通信事業者間の共用を推進するシェアリング事業者の役割が拡大している。
日本でも、総務省が5Gエリア拡充に向けたインフラシェアリングを推奨するなど、その活用が活発化する兆しがある。本講演では、国内外のインフラシェアリングに関する事業者・政策動向などを概説の上、6G時代を見据えたインフラシェアリング活用拡大に向けて、注目すべき技術動向などについて解説する。

1.モバイルネットワークの動向
2.インフラシェアリングの背景
3.インフラシェアリングの動向
4.インフラシェアリング事業者の動向
5.インフラシェアリングの活用拡大に向けて
6.質疑応答/名刺交換

タイトル:6G時代を見据えたインフラシェアリング〜未来の通信ネットワーク構築に向けて〜
セミナー名(主催者):SSKセミナー(新社会システム総合研究所)
開催日時:2024年 5月29日(水) 10:00~12:00
場所:会場受講(SSKセミナールーム)/ライブ配信/アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可)
登壇者:主任研究員 清水郁雄
リンク:https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=24282

プロジェクトに関するご相談や
ICRのサービスに関するご質問など
お気軽にお問い合わせください。

ICRに相談する/質問する