報道発表 報道

【報道発表】2021年シェアリングエコノミー調査報告書を販売開始
-新型コロナ後の市場規模、ユーザの特性等についてアンケートを元に分析-

2021年01月29日更新
株式会社情報通信総合研究所

株式会社情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大平 弘、以下ICR)は1月29日、「2021年シェアリングエコノミー調査報告書」を販売開始します。

今回の調査により、シェアリングエコノミーは、新型コロナ発生前の予測値を上回る規模まで大きく発展する見通しであることが分かりました。企業、自治体、投資家等は、シェアリングエコノミーを利用することで、より大きな利益向上や課題解決が可能となります。

図:新型コロナ前後の市場規模予測の比較

図:新型コロナ前後の市場規模予測の比較

本報告書は、シェアリングエコノミーの市場規模、ユーザの特性、ユーザに与える効果等について、大規模なWebアンケート(プレ調査29,949回答、本調査2,613回答)に基づいた分析結果をまとめたものです。様々なステークホルダーの意思決定に有効な示唆を提供いたします。

 

図:本報告書が提供する示唆

図:本報告書が提供する示唆

 

図:調査結果のポイント

図:調査結果のポイント

 

報告書の内容・購入方法

報告書の構成・内容は以下の通りです。

 

図:本報告書の構成・内容

図:本報告書の構成・内容

以下のようにデータに基づいた示唆をご提供いたします。

 

図:本報告書の主な内容・得られる示唆

図:本報告書の主な内容・得られる示唆

なお、報告書記載の図表の数値をまとめたデータ集も合わせて販売開始いたします。詳細は以下の販売ページをご覧ください。

◎販売ページ
https://www.icr.co.jp/publicity/3703.html

◇◆◇

<会社概要>
社名 株式会社情報通信総合研究所(www.icr.co.jp)
1985年6月設立。情報通信専門のシンクタンクとして、情報通信分野の専門的調査研究、コンサルティング、マーケティング、地域情報化にかかわる調査・分析などのビジネスを展開するとともに、これらに関するノウハウ・データを蓄積してきた。近年は、ICTの急激な進展に伴い、研究分野をさらに拡大することでICTが経済社会にもたらす変化を定量的に把握する手法を開発するなど、広く社会の発展に寄与する情報発信・提言を行う最先端のシンクタンクとして事業を展開している。

 

[本件に関するお問い合わせ先]
株式会社情報通信総合研究所
ICTリサーチ・コンサルティング部
e-mail:yamamoto@icr.co.jp/TEL:03-3663-7369

プロジェクトに関するご相談や
ICRのサービスに関するご質問など
お気軽にお問い合わせください。

ICRに相談する/質問する