2015年7月27日掲載 ITトレンド全般 InfoCom T&S World Trend Report

TwitterのPeriscope買収から通信事業者への影響を考えてみる

Twitterは2015年3月、ライブ映像をストリーミングするアプリのPeriscopeを1月に買収したことを公式発表した。「ライブストリーミング」と呼ばれるこの類のアプリは、いわば「誰でも放送局」。スマートフォン(スマホ)を使って動画をリアルタイムにアップロードし、それを多くの利用者が生中継として視る、コメントする、という利用シーンを創りだす(図1)。競合するMeerkatとともに2015年春から海外で大きな注目を集めている。Twitterが買収した時点では、Periscopeはベータ版公開という状況であった。

Periscope利用画面

【図1】Periscope利用画面
(出典:筆者端末画面キャプチャー)

 

ここから先はInfoComニューズレターメンバーズの方のみお読みいただけます。

メンバーズ登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。メンバーズ登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、 メンバーズ登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

※この記事は会員サービス「InfoCom T&S」より一部無料で公開しているものです。

岸田 重行のレポート一覧

会員限定レポートの閲覧や、InfoComニューズレターの最新のレポート等を受け取れます。

ICR|株式会社情報通信総合研究所 情報通信総合研究所は情報通信のシンクタンクです。
ページの先頭へ戻る
FOLLOW US
FacebookTwitterRSS