2022年1月13日掲載 ITトレンド全般 InfoCom T&S World Trend Report

CES 2022 Media Day(Day1)



本記事は、NTTコミュニケーションズ イノベーションセンターの小室智昭氏より寄稿いただいた原稿をそのまま掲出しています。

◇◆◇

 皆さん、明けましておめでとうございます。年末は厳しい寒波で大雪の被害もあったと聞きますが、年末年始で気分がリフレッシュできたことと思います。2022年も旬なネタをタイムリーにお届けしたいと思います。

 さて、今回は2年ぶりにLas Vegas市に帰ってきた全米最大のテックカンファレンスのCES(シー・イー・エス)についてお伝えします。CES 2022は1月5日から1月7日の予定で開催されますが、1月3日・4日には20社がMedia向けにPress Conferenceを行います。昨年まではIndustry Analystとして招待されていましたが、今年はMediaとして招待いただきました。

 1月5日以降、各メディアが一斉にCES 2022について報道すると思います。今回はその前に、Media Dayの初日について情報共有します。

1.   はじめに

 オミクロン株の感染拡大を受けて、CTAは2021年末に突然会期の短縮を発表した。当初は1月5日から1月8日の予定で開催されるはずだったCES 2022だが、1月5日から1月7日の3日間の開催となった。

 国境を越える移動が規制される中Media Roomはいつもと全く違う様子で閑散としていた。

いつもなら大勢の人で隠れる会場に飾られたサイネージ

 「CES 2022 Tech Trends to Watch」はMedia Dayの人気セッションで毎年長い行列ができるが、今年は行列もなく参加者はパラパラと会場に入っていった。それでも50%に制限された会場はセッション開始前までにはほぼ満員になり、注目度の高さが窺えた。

ほぼ満員の会場

2.CES 2022 Tech Trends to Watch

 "CES 2022における注目すべき技術トレンド"と題するセッションは、毎年、Media Day初日に開催される。ここ数年は二人のリサーチャーがテーマごとにトレンドを説明していたが、今年はVP, ResearchのSteve Koenigさんが一人でこのセッションを務めた。

セッションを務めたVP, ResearchのSteve Koenigさん

(1) 4つの注目エリア

 Steveさんは4つの注目エリアがあると説明した。1つ目はTechnology Demand、2つ目はTechnology Investment、3つ目はThe New Tech Lifestyle、そして、4つ目はTechnology Trendsだ。

4つの注目エリア

(1-1) Technology Demand

 Technology Demandは依然として力強い。波はあるが2021年は堅調に技術の価値は成長し、米国のC向けハードウェア、ソフトウェアも成長が見込まれている。

Consumer Tech成長予測

 消費者の消費意欲を見ると、1位が、Smartphone、2位がLaptop Computer、3位が(おそらく大型)テレビとなっている。

「Pandemicが消費者の生活・行動を変えた。消費者の行動の変化に伴い、提供される商品も変化した。これまでは物の売買が中心であったが、今ではサービスがとても重要となった。」とSteveさんは説明した。それを裏付けるように、このセッションでは毎年、テレビや携帯電話などのC向け製品の出荷台数が報告されてきたが、昨年からその報告がなくなった。その代わりに報告されるようになったのは、NetflixなどのStreaming Serviceの加入者数だ。

成長が著しいStreamng Service

(1-2) Technology Investment

 世界各地のStartupたちの資金調達が加速している。Steveさんは、CBInsigt社の調査を引用し、2020年Q3と2021年Q3と比較すると全体で105%も資金調達額が増えていると説明した。

コロナ禍でもStartupの資金調達額は増加

 Startupの企業価値を見ると、米国が$72.3Bと圧倒的だが、アジアが欧州の倍以上の$50.2Bというのは驚きを隠せない。

 Steveさんの説明によると、その中でも注目すべき領域はRetail Tech、FinTech、Healthcareだそうだ。この3つの領域のStartupは、2021年度末までに$100Bを調達する勢いで成長している。

注目の3つの領域

(1-3) The New Tech Lifestyle

 Steveさんは、運送コストの高騰と半導体不足について説明した。2020年9月時点では11ヶ月程度で納品されていたが、2021年9月時点では、納品に22ヶ月かかっていたそうだ。Intel社などの半導体各社は増産に向けた投資を行っているので、その効果を待ちたい。

半導体納品にかかるリードタイムの推移

(1-4) Technology Trends

 Steveさんは、注目すべき技術トレンドとして、5G、Cloud、AI、Metaverse、Transportation、Space Tech、Sustainable Technology、Digital Healthを手短に挙げた。

(a) 5G

5Gについては、消費者目線の5Gが多かったが、2022年は企業向け5Gサービスへのシフトが始まると予測した。また、2022年前半のRel-18のWorkshopは5GのIIOTへの対応が追い風になると考えを述べた。

(b) AI

 AIはコア技術としての発展から、業界を変えるようなアプリケーションへと発展していくだろうと予測した。一般ユーザへのアンケート調査によると、買い物のレコメンド、家の掃除、健康や食生活のアドバイスなどへの展開を期待する声が多い。お掃除ロボットやロボアドバイザーの活用が進んでいることを鑑みると、すでにAIをベースにしたアプリケーションは一般ユーザーに浸透し始めていると言っても良いだろう。

(c) Metaverse

 「ハードウェア、ソフトウェア/アプリケーション、仮想通貨のそれぞれにリーダー的存在はいて、注目度も高いが、実際にブレイクするのは2025年以降ではないか」というのが、Steveさんの見立てだ。

 しかし、87%の企業が「今後の2年間のうちにVirtual Meeting、シミュレーション/Digital Twin、Remote Collaboration、Immersive Design、Marketing & Salesの5つの業務でXRの活用を計画している。」と回答したそうだ。

Enterprise XRの5つの導入事例

(d) Space Tech

 Space TechはCES 2022で初めて注目すべき技術トレンドとして取り上げられた。衛星のビジネス活用、宇宙旅行、大国同士の宇宙における覇権争いなどを考えると、注目すべき技術として扱われるのは当然のことだろう。

(e) Digital health

 先述した通り、Digital Healthは投資家も注目している分野だ。医療機器、Connected Device、Wearableと多種多様なソリューションが登場している。中でもSteveさんが"Sky Rocketing"と表現するぐらい注目度が急上昇しているのがMental Healthだ。ある調査によると、「米国の成人の52%が健康な状態を維持するためにHealth Techを利用したい」と回答したそうだ。

 さらに、成人の4人に1人は治療目的でビデオ会議をした経験があり、2022年に出荷されるトレーンング用のConnectedなスポーツ器具は240万個と予想されていて、2019年の実績よりも19%成長している。

急成長しているMental Health市場

(f) Mobility

 Mobilityもまだまだ注目度は高い。家庭用EVだけでなく、商業車両のEVや自動運転もさらに注目が集まるだろう。

 Mobilityの中で、個人的にも気になっているのがUrban Air Mobilityだ。CES 2020では既存のDroneと一線を隠すように、Bell社などが商業目的のeVTOLをMolibityが多く集まるLVCC Northに出展して注目を集めていた。

 このセッションに続いて行われたCES 2022 Unveilでは日本のSkyDrive社が出展していた。SkyDrive社はEureka ParkのJ-Startupのスペースに実物大のeVTOLを出展する。実にJ-Startupの全スペースの3分の1をSkyDrive社が占有しているそうだ。

Day2へ続きます。


本記事は、NTTコミュニケーションズ イノベーションセンターの小室智昭氏より寄稿いただいた原稿をそのまま掲出しています。

小室 智昭のレポート一覧

ITトレンド全般 年月別レポート一覧

2022 (2)
2021 (63)
2020 (61)
2019 (63)
2018 (78)
2017 (26)
2016 (25)
2015 (33)
2014 (1)
2013 (1)
2012 (1)
2010 (1)

InfoCom World Trend Report

会員限定レポートの閲覧や、InfoComニューズレターの最新のレポート等を受け取れます。

ICR|株式会社情報通信総合研究所 情報通信総合研究所は情報通信のシンクタンクです。
ページの先頭へ戻る
FOLLOW US
FacebookTwitterRSS