2015年6月3日掲載 IoT InfoCom T&S World Trend Report

IoTサービスの本命は5Gネットワーク

本欄2月号で「IoT時代に求められる通信インフラ/プラットフォーム」と題して、IoTサービスの将来性が声高に唱えられているにもかかわらず、その割には実際の普及拡大の進展が遅いことを取り上げてみました。なかでも、デバイスの開発やアプリケーションの工夫については話題になることが多いのですが、インフラとなるモバイル通信ネットワークのあり方についてはこれまであまり議論がみられないことを指摘したところです。IoT時代には、モバイル通信も人対人よりむしろ人対機械、機械対機械の通信の比重が人口数という限界がないので、接続数でもトラフィック量でも圧倒的に大きくなると想定されています(注)。


現実にこうした予測の難しい複雑な通信需要をどのように疎通し、管理・制御していくのか、 多様化するIoTサービスの要求にネットワークがどう対応していくのかなど、従来のように主に高速化を追求してきたモバイル通信ネットワークでは対応しきれない課題が突き付けられています。

ここから先はInfoComニューズレターメンバーズの方のみお読みいただけます。

メンバーズ登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。メンバーズ登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、 メンバーズ登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

会員限定レポートの閲覧や、InfoComニューズレターの最新のレポート等を受け取れます。

ICR|株式会社情報通信総合研究所 情報通信総合研究所は情報通信のシンクタンクです。
ページの先頭へ戻る
FOLLOW US
FacebookTwitterRSS