2024.2.14 ITトレンド全般 InfoCom T&S World Trend Report

海底ケーブル戦略を巡る欧州の模索

BEREC(the Body of European Regulators for Electronic Communications)は2023年12月に国際海底ケーブルの認証枠組みに関するレポート案を発表した[1]。EUではケーブルコネクティビティ増設と安全性向上の観点から、海底ケーブルに関する制度の見直しに向けた調査を行っている。現在、海底ケーブルの認証手続きは国ごとに異なっており、加盟各国の規制当局の団体であるBERECは、各国の調査結果を取りまとめた。以下では、その一部と背景を紹介する。

海底ケーブル設備

海底ケーブル設備のバリューチェーンは、以下の要素に分かれる(表1)。各要素とも参加するプレーヤー数は限定的である。

【表1】海底ケーブルシステムのバリューチェーン

【表1】海底ケーブルシステムのバリューチェーン
(出典:BERECおよびSubmarine Telecoms Forum,
2023/2024 Industry Report, Issue 12(25 October 2023)の公開情報をもとに筆者作成)

所有構造

海底ケーブルの敷設と運営は従来、通信事業者のコンソーシアムが保有、投資を管理し、国内の小売りビジネスを満たすために、卸売りや小売りレベルの第三者向けに販売していた。第三者としてはコンテンツプロバイダーも対象であった。

しかしこの10年間はコンテンツプロバイダーが海底ケーブルの主要な所有者となりつつある。彼らはECNSプロバイダーから容量を購入するだけでなく、独自の海底ケーブルシステムの運用により、従来の都市間接続ではなく、自社のデータセンターとの接続に重点を置き、運用コストを最小限に抑える場所を優先し、地上接続への依存度を下げている。

世界のケーブルの主要な保有者を見ると(図1)、2016-2020年の期間についてはコンテンツプロバイダーと中国の通信事業者が優勢だが、それまでの2012-2016年ではコンテンツプロバイダーは上位10位にも入っていなかった。しかしGoogleとFacebookは後半5年の間にトップに躍り出ている。

【図1】新規ケーブル保有の世界市場リーダー

【図1】新規ケーブル保有の世界市場リーダー
(出典:BERECワークショップにおけるPwCプレゼンテーション、2023年9月 https://www.berec.europa.eu/system/files/2023-09/PwC.pdf)

2019年から2023年にかけて、コンテンツプロバイダーなどハイパースケーラーが、新規サービス開始の海底ケーブルシステム総数の23.5%を牽引した(図2)。2024年から2028年にかけては、計画されているシステムの14%がハイパースケーラーによって推進されると予想される。今後の市場トレンドは、これまでの所有シェアよりも現行の投資動態に現れるとみてよい。

【図2】コンテンツプロバイダーが牽引する新規海底ケーブルの容量

【図2】コンテンツプロバイダーが牽引する新規海底ケーブルの容量
(出典:BERECワークショップにおけるPwCプレゼンテーション、2023年9月)

 

InfoComニューズレターでの掲載はここまでとなります。
以下ご覧になりたい方は下のバナーをクリックしてください。

海底ケーブルを巡る戦略

※この記事は会員サービス「InfoCom T&S」より一部抜粋して公開しているものです。

[1] BEREC, Draft BEREC Report on the general authorization and related frameworks for international submarine connectivity1, December 2023
https://www.berec.europa.eu/en/document-categories/berec/reports/draft-berec-report-on-the-general-authorization-and-related-frameworks-for-international-submarine-connectivity

当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。InfoComニューズレターを他サイト等でご紹介いただく場合は、あらかじめ編集室へご連絡ください。また、引用される場合は必ず出所の明示をお願いいたします。

情報通信総合研究所は、先端ICTに関する豊富な知見と課題解決力を活かし、次世代に求められる価値を協創していきます。

調査研究、委託調査等に関するご相談やICRのサービスに関するご質問などお気軽にお問い合わせください。

ICTに関わる調査研究のご依頼はこちら

関連キーワード

八田 恵子の記事

関連記事

InfoCom T&S World Trend Report 年月別レポート一覧

2024(35)
2023(91)
2022(84)
2021(82)
2020(65)
2019(70)
2018(58)
2017(32)
2016(26)
2015(26)

メンバーズレター

会員限定レポートの閲覧や、InfoComニューズレターの最新のレポート等を受け取れます。

メンバーズ登録(無料)

各種サービスへの問い合わせ

ICTに関わる調査研究のご依頼 研究員への執筆・講演のご依頼 InfoCom T&S World Trend Report

情報通信サービスの専門誌の無料サンプル、お見積り

InfoCom T&S World Data Book

グローバルICT市場の総合データ集の紹介資料ダウンロード