2022年6月13日掲載 InfoCom T&S World Trend Report メディア2030

「Netflix契約者数減少」の読み方



全世界で2億人以上が利用している世界最大の有料映像配信サービス・プラットフォームであるNetflixは、今年の第1四半期に契約者数が減少したことを発表し大きな話題となった。本稿では、公表されたデータを引用しながら同発表の意味を考えてみたい。

1.第1四半期業績

Netflixは4月19日に2022年度第1四半期(1~3月期)の業績を発表した(表1参照)。売上高が前年比9.8%増の78億6,776万ドル、本業の利益を示す営業利益が前年比0.6%増の19億7,162万ドルであった。一般的な企業であれば決して悪い数値ではないが、これまで右肩上がりの成長を続けてきた同社にとっては芳しくない結果となった。

【表1】Netflixの2022年第1四半期損益計算書

【表1】Netflixの2022年第1四半期損益計算書
(出典:Netflix業績発表資料(Form 10Q))

しかし、それにも増して大きなインパクトを持って受け止められたのが、契約者数の減少である。期末の有料契約者数2億2,164万は、前年比で見ると6.7%の増加だが昨年末時点と比較すると20万の純減である(表2参照)。さらに第2四半期にはおよそ200万の純減になる見通しであると説明した。この発表を受けてNetflixの株価は約37%値下がり。株式時価総額は1日で566億ドル(約7.3兆円)も減少した。

【表2】Netflixの2022年第1四半期のKPI 出典:Netflix

【表2】Netflixの2022年第1四半期のKPI
出典:Netflix業績発表資料(Form 10Q)

2.契約者数が伸び悩む要因に関するNetflixの説明

それではなぜ契約者数が伸びなくなったのであろうか。Netflixは業績発表資料の中で、4つの要因に言及している。

1つ目が「リーチ可能な市場の成長ペース」である。コネクティッドTVの普及率やオンデマンドエンターテインメントの受容性、データ通信料金など、Netflixがコントロールできない要因により市場へのリーチが限定されている側面があると説明している。

2つ目は「アカウント共有」の影響である。Netflixの有料アカウントは2億2千万を超えているが、同社はこの他に1億世帯以上(メイン市場である米国・カナダで3,000万世帯以上)が契約せずに他者のアカウントで視聴していると推計している。全契約者数に占める共有アカウントの比率は概ね同水準で推移しているが、前述の要因により必ずしも全世帯にリーチできない状況がある中で、新規顧客獲得の余地を制約する追加要因になっているという。

3つ目が「競争」である。YouTube、Amazon Prime Video、Huluなど、従来の競合に加え、ここ数年、Disneyを含む伝統的なエンタメ企業のストリーミング市場参入が相次いでいる。業績発表資料の中で引用されたNielsenのデータによれば、米国内のテレビ視聴時間に占めるNetflixのシェアは、2021年5月の6%が2022年2月に6.4%に上昇している。しかし同期間に「Disneyプラス」のシェアは1%が1.7%に、「その他SVOD(契約型ビデオオンデマンドサービス)」は8%が9.5%になっている。

そして最後が、景気の停滞、インフレの進行、ロシアのウクライナ侵攻など、さまざまな「マクロ経済要因」である。

InfoComニューズレターでの掲載はここまでとなります。
以下ご覧になりたい方は下のバナーをクリックしてください。

3.契約者数減の評価
4.今後の展開

※この記事は会員サービス「InfoCom T&S」より一部抜粋して公開しているものです。

当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。InfoComニューズレターを他サイト等でご紹介いただく場合は、あらかじめ編集室へご連絡ください。また、引用される場合は必ず出所の明示をお願いいたします。

InfoCom T&S World Trend Report 年月別レポート一覧

2022 (53)
2021 (82)
2020 (66)
2019 (70)
2018 (58)
2017 (33)
2016 (26)
2015 (26)

InfoCom T&S World Trend Report

会員限定レポートの閲覧や、InfoComニューズレターの最新のレポート等を受け取れます。

ICR|株式会社情報通信総合研究所 情報通信総合研究所は情報通信のシンクタンクです。
ページの先頭へ戻る
FOLLOW US
FacebookTwitterRSS