2019年2月4日掲載 ITトレンド全般 ICR研究員の眼

並ばずに済むコンビニ?



600株式会社という会社をご存知だろうか?

自動販売機のような無人コンビニをオフィス等に設置する、というサービスを提供している会社だ。1月29日の報道では、ベンチャーキャピタルから1億円を調達し、2019年内に500箇所への設置を目指すとしている。

無人型コンビニは、米国で、電子商取引大手のAmazonが、「Amazon Go」という店を出している。このAmazon Goでは、買い物客が入店し、ただ商品をとっていくだけで買い物が完了する、という「レジレス」という形を採っている。

日本のコンビニにおいては、レジレス、というものよりも、「セルフレジ」、つまり買い物客が自分でバーコード等を読み取り決済する、あるいはRFIDを使ってゲートを通り過ぎるだけで決済ができる、といった取り組みが始まっている。

600の場合も、商品にはRFIDがついており、商品がとられると購入として認識され、クレジットカードで決済するものだ。

コンビニでの支払いは場合により長い列ができ、なかなか面倒なものだ。特にお昼などの急いでいるときには。今後のコンビニでは、支払いのために並ぶ、という手間がなくなっていくのかもしれない。

関連キーワード

滝田 辰夫のレポート一覧

会員限定レポートの閲覧や、InfoComニューズレターの最新のレポート等を受け取れます。

ICR|株式会社情報通信総合研究所 情報通信総合研究所は情報通信のシンクタンクです。
ページの先頭へ戻る
FOLLOW US
FacebookTwitterRSS