2021年10月14日掲載 InfoCom T&S World Trend Report

米国刑事施設における不正持ち込みワイヤレス機器対策



2021年8月13日、米国の連邦官報に「刑事施設における不正持ち込み無線機器使用対策に関する技術的ソリューションの促進」[1]と題した文書が掲載された。これは7月12日に連邦通信委員会(FCC)が採択した決定[2]を受けて、刑務所や拘置所などの刑事施設に不正に持ち込まれたワイヤレス機器の利用を阻止するためのシステム導入手順を明確化するものである。本稿では、決定に至った経緯とその内容を簡単に紹介する。

1.ワイヤレス機器の不正持ち込み問題

受刑者が刑事施設に収監される際には、所持品検査が実施され、施設の安全な運営を損なう可能性があると判断されるものは「禁制品(contraband)」として没収される。かつては武器や麻薬がその代表格だったが、最近ではスマートフォンなどの電子機器の持ち込みが大きな問題になっている。米国では2010年に「携帯電話禁制品法」[3]が成立し、連邦刑事施設に持ち込むことができない製品リストに「携帯電話などの無線機器」が明記され、州レベルでも同様の規制が導入されてきた。したがって、スマートフォンを刑務所などに持ち込むことは、通常は禁止されており、発覚すれば処罰の対象となる。

しかしながら法規制だけでは十分に取り締まることが出来ていないのが実情である。フットボールの中に隠して投げ入れたり[4]、ドローンを利用して空から落とす[5]など、塀の外から受刑者に禁制品を届けようとするケースは後を絶たない。また刑務官が仲介して品物を届ける場合もある[6]。少し古いデータではあるが、連邦刑務局の2016年のレポート[7]によれば、2012~2014年度の3年間に没収された禁制品のトップは「携帯電話」で8,728件、2位が「武器」で6,716件、3位が「麻薬」で3,713件であった。

不正に持ち込まれた携帯端末の使われ方は多様である。なかにはソーシャルメディアを通じて施設内の様子を発信する[8]という比較的平和な用途もある。しかしながら証人や被害者・取り調べに当たった警察官への脅迫、脱獄の計画、犯罪の指示など、追加的な犯罪行為に利用されるケースも多い。昨年、アラバマ州の刑務所で、受刑者が他の受刑者の家族を刑務所内から脅迫するという事件[9]があったのだが、FCCのRosenworcel委員長代行によれば、このような事件は米国では珍しいことではない[10]のだという。「持ち込み禁止」という運用だけでなく、不正に持ち込まれてしまった機器を技術的に利用できなくする対策が求められてきているのだ。

InfoComニューズレターでの掲載はここまでとなります。
以下ご覧になりたい方は下のバナーをクリックしてください。

  • 2. 不正利用対策とFCC決定の内容
  • 3. 今後の検討課題

※この記事は会員サービス「InfoCom T&S」より一部抜粋して公開しているものです。

[1] Federal Register(2021).“Promoting Technological Solutions To Combat Contraband Wireless Device Use in Correctional Facilities” (https://www.federalregister.gov/documents/2021/08/13/2021-15748/promoting-technological-solutions-to-combat-contraband-wireless-device-use-in-correctional)

[2] FCC(2021). “FCC21-82 SECOND REPORT AND ORDER AND SECOND FURTHER NOTICE OF PROPOSED RULEMAKING in the matter of Promoting Technological Solutions to Combat Contraband Wireless Device Use in Correctional Facilities ; GN Docket No. 13-111”(https://www.fcc.gov/document/fcc-requires-disabling-contraband-phones-correctional-facilities)

[3] Congress.gov(2010). “Cell Phone Contraband Act of 2010”(https://www.congress.gov/bill/111th-congress/senate-bill/1749)

[4] AP(2019). “Contraband found in football launched into Arkansas prison”(https://apnews. com/article/ed55e1b200d04a8e8bf352d66966d9d9)

[5] DoJ(2021). “Two brothers sentenced in scheme to use drone to smuggle contraband into a Georgia state prison”(https://www.justice.gov/usao-sdga/pr/two-brothers-sentenced-scheme-use-drone-smuggle-contraband-georgia-state-prison)

[6] DoJ(2021). “9 Department Of Correction Officers And Employees Charged With Taking Bribes To Smuggle Contraband To Inmates At New York City Jails”(https://www.justice.gov/usao-sdny/pr/9-department-correction-officers-and-employees-charged-taking-bribes-smuggle-contraband)

[7] DoJ(2016). “Review of the Federal Bureau of Prisons' Contraband Interdiction Efforts”(https://www.oversight.gov/sites/default/files/oig-reports/e1605.pdf)

[8] Vice.com(2020). “Prisoners Are Going Viral on TikTok”(https://www.vice.com/en/article/7k9bzd/ prison-inmates-are-going-viral-on-tiktok)

[9] New York Times(2020). “‘Or I Will Stab You Right Now’: A Family’s Prison Extortion Nightmare”(https://www.nytimes.com/2020/09/08/us/alabama-prisons-extortion-cellphones.html)

[10] Rosenworcel委員長代行は7月12日のFCC決定に際し声明を公表し、「このような恐喝行為は国中の刑務所や拘置所で起きている(these kinds of blackmail schemes are happening in prisons and jails across the country)」と述べている。

関連キーワード

会員限定レポートの閲覧や、InfoComニューズレターの最新のレポート等を受け取れます。

ICR|株式会社情報通信総合研究所 情報通信総合研究所は情報通信のシンクタンクです。
ページの先頭へ戻る
FOLLOW US
FacebookTwitterRSS