佐藤 泰基
ICTリサーチ・コンサルティング部
主任研究員
佐藤 泰基 Sato Yasumoto

ICTを活用したマーケティング手法やプラットフォームビジネスの市場動向について調査・研究を行っています。データに基づいた分析で、経済や企業活動の中におけるICTの位置づけを見極めながら、日々の調査研究に取り組んでいます。

専門分野

  • フィンテック
  • 企業におけるICT利活用と業務改革との関係

注力テーマ

# ICTマクロ経済
# ICT市場・事業者
# ネットビジネス
# ICTx金融
# 市場調査
# 事業戦略コンサルティング

経歴

1999年4月 株式会社情報通信総合研究所 入社

論文発表

パブリシティ

メディア掲載

  • WEB

    シェアリングサービスの市場規模がロイターに引用

  • 雑誌

    シェアリングサービスの市場規模が週刊新潮に引用

報道発表

  • 報道

    【報道発表】家計に浸透する電子商取引、支出額は15年で約10倍に
    -ICT消費、8四半期連続成長-

  • 報道

    【報道発表】2017~2020年度経済見通し 
    実質経済成長率:2017年度1.9%、2018年度1.3%、2019年度0.8%、2020年度1.2%を予測

  • 報道

    【報道発表】ICT経済、5四半期連続プラス成長
    〜集積回路、電子部品を中心に財生産の好調続く〜

  • 報道

    【報道発表】eコマースで年間274時間の節約!!
    利用頻度増加による時間節約効果の拡大

  • 報道

    【報道発表】シェアリングサービスの市場規模は年間1兆1,800億円!
    将来的には2兆6,300億円まで拡大の可能性

  • 報道

    【報道発表】ICT経済、4四半期連続でプラス成長
    -輸出の回復により、ICT財生産の増加幅が拡大-

  • 報道

    【報道発表】急成長するネット広告市場を支えるユーザ投稿コンテンツの価値は4,000億円!
    一方、ユーザはコンテンツを楽しむことで2,500億円の便益を享受

  • 報道

    【報道発表】フィンテックサービスの利用動向調査
    -フィンテックサービス利用に地域差はあるのか-

  • 報道

    【報道発表】ICT 財生産は4 四半期ぶりに増加
    -ICT 経済、2 四半期連続でプラス成長-

  • 報道

    【報道発表】ICT 経済を下支えするサービス利用の活発化
    -財生産も一部明るい兆し-

  • 報道

    【報道発表】ICT 普及、100 年以上かかった先進国の水準に
    遅れていたアフリカでも15 年で到達
    グローバルICT インディケーターによる情報通信技術の世界的な普及の分析

  • 報道

    【報道発表】ICT投資の経済効果、一般投資の2倍に!
    ・ 2014 年度GDP 統計確報を反映して本研究所のマクロモデルを再推定
    ・ ICT関連の設備投資によるGDPの押し上げ効果(乗数効果)は、ICT以外の設備 投資と比べると2 倍
    ・ 足元の経済減速を織り込み、昨年12 月公表分から経済見通しを下方修正

  • 報道

    【報道発表】金融・保険業でICT 関連の設備投資が好調
    -ICT 経済は5 四半期連続のプラスを維持-

  • 報道

    【報道発表】2015~2018 年度経済見通し
    実質経済成長率: 2015 年度1.0%、2016 年度1.6%、2017 年度0.0%、2018 年度1.3%を予測

  • 報道

    【報道発表】ICT 経済、4 四半期ぶりのマイナス成長へ
    -ICT 財生産、サービスともに減速も9 月からは反転の兆し-

  • 報道

    【報道発表】ICT 経済、輸出中心に足踏み状態
    -ICT 投資が下支え-

  • 報道

    【報道発表】ICT 経済、2 期連続でプラス成長
    -好調な情報サービス業と、スマートフォンや車載向け部材需要の増加が寄与-

  • 報道

    【報道発表】10-12 月期のICT 経済、プラス成長が鮮明に
    -スマートフォンや車載向け部材需要の増加とネット関連ビジネスが好調維持-

  • 報道

    【報道発表】2014~2017 年度経済見通し
    実質経済成長率: 2014 年度▲0.7%、2015 年度1.7%、2016 年度1.8%、2017 年度0.0%を予測

  • 報道

    【報道発表】ICT 経済、5 四半期ぶりにマイナス成長へ
    -パソコンOS 更新需要等の特需の反動減が長引く-

  • 報道

    【報道発表】ICT 経済、想像以上だった消費税増税後の反動減
    -アベノミクス下での回復力が問われる来期-

  • 報道

    【報道発表】ICT 輸出、数量ベースで14 四半期ぶりにプラス転換
    -海外スマートフォン向けを中心に部材需要が好調-

  • 報道

    【報道発表】ICT 経済、2 四半期連続のプラス成長
    -国内法人向けが財、サービスとも好調-

  • 報道

    【報道発表】2013~2016 年度経済見通し
    ・ 実質経済成長率は、2013 年度2.3%、2014 年度0.7%、2015 年度1.2%、2016 年度1.5%を予測
    ・ 再推定したモデルにおいてICT 投資の乗数は2.3 と、一般投資の約2 倍となった

  • 報道

    【報道発表】2013~2016 年度経済見通し
    実質経済成長率: 2013 年度2.5%、2014 年度0.7%、2015 年度1.2%、2016 年度1.5%を予想

  • 報道

    【報道発表】ICT 経済、6 四半期ぶりにプラス成長
    -復調したICT 財生産と好調のICT サービス-

  • 報道

    【報道発表】ICT サービス、2 期連続で増加
    -日本版ISA とアベノミクス効果で金融業の回復がプラス寄与-

  • 報道

    【報道発表】ICT 経済、財部門の不調が全体を押し下げ
    -スマートフォン向け部材需要の弱含みがマイナス寄与-

  • 報道

    【報道発表】ICT 経済、マイナス幅が縮小
    -スマートフォン向け部品を中心に電子部品がプラスに寄与-

  • 報道

    【報道発表】2012~2015 年度経済見通し
    ・ 実質経済成長率:2012 年度1.0%、2013 年度2.2%、2014 年度▲0.1%、2015 年 度1.7%
    ・ 2013~2015 年度にかけて、ICT 投資が加速した場合の実質GDP 成長率の押し上げ効果は、3 年間の累積で最大1.2%ポイント、6.7 兆円程度

  • 報道

    【報道発表】2012~2015 年度経済見通し
    実質経済成長率: 2012 年度1.1%、2013 年度1.6%、2014 年度▲0.3%、2015 年度1.6%を予想

  • 報道

    【報道発表】スマートフォン効果により ICT 輸入は前年比で2 桁増
    -通信業の機械受注にも一部プラス効果-

  • 報道

    【報道発表】ICT 経済、プラス転換ならず
    -堅調な設備投資に期待-

  • 報道

    【報道発表】2012~2014 年度経済見通し
    -実質経済成長率:2012 年度2.2%、2013 年度1.5%、2014 年度1.6%を予想-

  • 報道

    【報道発表】役員の人事の予定について

  • 報道

    【報道発表】ICT 経済、5 四半期連続マイナス成長
    -モバイル関連の堅調な動きに期待-

  • 報道

    【報道発表】ICT 経済、国内モバイル需要が牽引し、設備投資が好調
    -4 四半期連続のマイナス成長も来期以降に期待-

  • 報道

    【報道発表】ICT 経済、3 期連続のマイナス、V 字回復ならず
    -ICT 消費とICT 輸出の不調が原因、今年度下半期に不安-

  • 報道

    【報道発表】ICT生産の回復は生産全体に比べ遅行
    -ICT分野の世界的な需要の鈍化による輸出の緩慢な回復が生産に影響ー

  • 報道

    【報道発表】東日本大震災による民間ICT 関連資本の損害額は 最大4.4 兆円
    – ICT 関連復興投資のGDP 押上げ効果は0.6%、雇用創出効果は35.7 万人に-

  • 報道

    【報道発表】ICT 消費、17 四半期ぶりに減少
    -スマートフォンやタブレット型端末の普及で消費構造に変化の兆し-

  • 報道

    【報道発表】ICT 在庫前年同期比48.9%増で大幅積み上がり
    -地デジ化による需要を見越し強気の生産が続く-

  • 報道

    【報道発表】国内経済のキードライバーICT 設備投資が好調
    -今後は生産・消費面への波及に期待-

  • 報道

    【報道発表】ICT 経済、自律的な回復の兆し
    -ICT 設備投資、リーマン・ショック前の9 割に回復-

InfoCom ニューズレター

バランスシート・レンディングの可能性
2017年5月2日

バランスシート・レンディングの可能性

1.FinTech の現状FinTechは金融分野のみならず、ICTやマーケティングなど様々な分野を巻き込みながら引き続き注目を集めている。 FinTechが話題になった当初はバズワードや一過性の熱狂と言われていたが、昨今では、FinTechは金融分野における…

この研究員の一覧を見る

プロジェクトに関するご相談や
ICRのサービスに関するご質問など
お気軽にお問い合わせください。

ICRに相談する/質問する